スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ジェンツー@C.N:アメジスト「絶体絶命か…!?」
何者かとりつかれたのか、急に僕達に牙を向くアクアマリン。
身動きがとれるのはもうルビーしかいないようだ…。


アクアマリン@ルビーに再び杖から吹雪を吹きかける「コイツラハイズレ凍リツク…貴様モ始末シテクレル!!!」
ルビー@防戦一方「くそッ!!魔力じゃアクアマリンには到底かないっこない…!!!」
トパーズ「アクアマリン!!!やめてッ!!!!!!」
アクアマリン@一瞬瞳に光が「…ッ!!!…やだ…!誰か…いる…!!」
ルビー「誰かが…!?」
アクアマリン@その場に蹲る「……やだ…出てって…!!」
トパーズ「アクアマリン…大丈夫よ…頑張って…!!」
ルビー「…!!おい!!その子に憑いてる奴!!!話なら聞いてやるから出て来い!!!」
(途端、アメジスト、エメラルド、トパーズの氷が割れて消える)
エメラルド「うッ…げほげほ」
アメジスト「はぁっ…はぁっ…!!」
トパーズ@アクアマリンに駆け寄り、そっと抱きしめる「大丈夫…怖くないわ…」
アクアマリン「…ねえさま……」
(アクアマリンの身体から白い人形の何かが出る)
エメラルド「ゴ…ゴースト…??」
ルビー@急に怖くなり、アメジストの背中に隠れる「あわわ…!!」
アメジスト@意外と冷静「…何者だ?」
ゴーストと呼ばれたもの『…敵意はない…のか…?』
アメジスト「それは貴様次第だ。我々はフィート国王の命によりこの船の調査に来た。我が名は…今は『アメジスト』と呼んでもらえれば結構だ」
エメラルド「あたしは『エメラルド』とでも言っておくわ。こっちから侵入しといてなんだけど…あんた、何者なの?」
ゴーストと呼ばれたもの『…全て話そう。この船は考古学者の探検船で…私はこの船の船長だった…』
アメジスト「だった?」
ゴーストと呼ばれたもの@船長『ああ…。探検の航海中に「空飛ぶ人間」が船を襲って船員は全滅、この通り幽霊船となってしまったのだ…』
トパーズ「空飛ぶ人間…??それは箒や『エンゼルフェザー』の魔力とかではなくて?」
船長『いや…彼らに半透明の翼もなければ箒や杖にも乗っていなかった。何か別の力で飛んでいたとしか考えられん』
エメラルド「箒や杖を使わないで飛べるの!?」
船長『それは何とも言えないが確かに飛んでいた…』
アメジスト「そいつらは一体何の目的でこの船を襲った?」
船長『わからん…。だが奴ら…我々がある海域に入ると「この海域に踏み込む者は排除する」と言っていたな…』
アメジスト「……その海域に奴らの本拠地がある、という事か」
船長『その通りだった。我々は幽霊船となり、その海域にある孤島を発見した。その島に奴らを発見したのは良いが…仲間は霊体のまま奴らに捕まってしまい…残ったのは私ともう1人、航海士だけになった』
エメラルド「もう1人いるの?」
ルビー「あ!!トパーズ…もしかして…」
トパーズ「…もしかして、ここに来る途中に会ったゴースト…?」
(部屋にルビー達が会ったもう1人の白いゴーストが入って来る)
トパーズ「さっきの…」
ルビー「船長さん…もしかしてこの人…ですか?」
船長『ああ、そうだ』
航海士『そんなに怖がらなくても…ぼく、こう見えて結構傷つきやすいんだからさぁ』
ルビー「…ごめんなさい(汗)」
アクアマリン「……仲間…まだ捕まってるの…?」
航海士『はい。あの空飛ぶ人間達は幽霊を捕まえる事ができるんです』
アクアマリン「…皆…助けてあげよう…」
アメジスト・エメラルド・ルビー・トパーズ「はい?」
アクアマリン「かわいそう…こんな大きい船に…船長さんと…航海士さんと…ふたりだけ…かわいそう…」
船長『…君……』
ルビー「…そうだナ!!ノリの良い鮒だ、最後まで付き合ってやるか」
トパーズ「それを言うなら『乗りかかった船』ではなくて?」
エメラルド「この場にひどく相応しい表現ですなぁ」
アメジスト「それにこの事件、何か臭うしな…」
ルビー「え!?犯人は仁王なのか!?」
エメラルド「バッカね~。『仁王』じゃなくて『臭う』だってば」
ルビー「ゴホン!!冗談だって…。でもバッカなのはアメジストだぜ?」
アメジスト「何ィ?」
ルビー「事件は気体じゃないんだから匂いなんかついてるワケないじゃん」
アメジスト「…二段構えのバカはほっといて船長、その海域にある孤島とやらに案内してくれ」
ルビー「二段構えェ!?」
船長『…いや、君達には関係のない事だ。巻き込む事はできん…』
航海士『そうですよ!!関われば君達だってタダじゃすまない…下手すれば幽霊になって奴らに捕まっちゃうかもしれないよ!?』
アメジスト「気遣ってもらっているところすまないが…こいつ、アクアマリンは結構きかないところがあるんでね。一度言い出すと断っても貴様らを助けようとするだろう」
アクアマリン「………助ける」
アメジスト「先ほども言ったがこの事件はどうも臭う。何か裏がありそうな…そんな気さえするんだ」
トパーズ「船長さん、航海士さん…是非わたくし達に協力させて下さい!」
エメラルド「このままじゃ後味悪いっつーの!」
船長『…すまない!』
航海士『ありがとう…本当にありがとう!!』
アメジスト「礼を言ってる暇があったらその海域まで案内してくれ。舵はこいつ(ルビーを指差す)がとる」
ルビー「俺!?」
航海士『は、はい!!今すぐに!!』
エメラルド「ここにフランシス先生がいたら『霊に礼を言われた!』なんて言いそうだよね」
アメジスト「腐乱の話はやめろ」
航海士『エメラルドちゃんって言ったっけ?君、面白いんだね♪』
ルビー@舵をとる「よーし!!じゃあ出発!!!」



船の調査の筈が、気付くと浮ばれない幽霊を助ける破目になったというワケか…。
ま、僕にはそれだけではないような気がしてならないのだが…続きは次回だ。
スポンサーサイト
【2007/08/26 14:00 】 | クレイシのミッション | コメント(3) | トラックバック(0) |
ぴっころ@C.N:エメラルド「探索開始ッ!!」
んああ、不審船に上ったあたしらは二手に分かれて船室を調べる事にしたんだぁ、でもってあたしはアメジストとアクアマリンの喧嘩兄妹と一緒になったんだよね…色んな意味で波乱の予感…(汗)


エメラルド「で、何から調べる?」
アメジスト「まずはこの船が何なのか…という所からだろう。航海日誌のようなものがある筈だ」
エメラルド「って事はまずは航海士の測量室だね」
(船内を歩きながら…)
エメラルド「見たところ…客船とかではなさそーだね」
アメジスト「…おそらく探検船か海賊船だろうな」
アクアマリン「…が、遭難した……?」
アメジスト「その可能性は高い、そして…」
エメラルド「幽霊船になった…?」
アメジスト「やめろ!!せっかく敢えて言わなかったところを!!!」
アクアマリン@無表情で「…ぷぷ…」
アメジスト「………(汗)」
(とある船室に入る)
エメラルド「ねぇ、この部屋っぽくね?」
ジェンツー「壁に貼られている海図…測量用の机…だが…」
アクアマリン「…だが?」
アメジスト「肝心の日誌がないな」
エメラルド「え!?何で?」
アメジスト「僕に聞くな。だが…これだけしっかりした形で残っている船に日誌がないとなると…この船は遭難したのではなく…」
エメラルド「ではなく?」
アメジスト「…何者かに襲われた可能性が高い」
エメラルド「何者かって…一体誰が…?」
アメジスト「海のモンスターなら船ごと破壊するだろう。だがこの船はそんな形跡が殆どない…襲ったのは人間、という事になるかもしれんな」
エメラルド「海賊とか…?って何か…寒くね…?」
アメジスト「!?」
(2人の足元に冷気の煙が…)
アクアマリン@杖を2人に向ける「…………」
エメラルド「え!?」
アメジスト「アクアマリン!!何を…!!?」
(2人、足元から凍りつき始める…)
アクアマリン「…コレ以上…好キニハサセヌ…」
エメラルド「何々何の話~!?」


<所変わって>
ルビー「何か…寒くなってきてるような…」
トパーズ「そういえば少し…」
ルビー「しっかし…やっぱ不気味だよなぁ…」
トパーズ「もう、しっかりして下さいな」
ルビー「わかってるけど……ん?」
(2人の前に白い人影、しかも足がない…?)
ルビー@飛び上がる「ぎぇ~~~~!!!!!出た~~~!!!!!!!」
トパーズ「ゴースト…!?」
ルビー@トパーズの手を引っ張って猛ダッシュで逃げる「ぎゃわわわわわ~~~~~~!!!」
トパーズ「ちょッ…痛ッ…!!止まって!!!」
(遠くまで逃げる)
ルビー「もう追って来ない…な…?」
トパーズ「もう!!痛いじゃないの!!!」
ルビー「ごめん…」
トパーズ「ま、いいわ。1人で一目散に逃げていましたら許してませんでしたけどね」
ルビー「あう…それは…どんなに取り乱しても女の子を1人置いて逃げるなんてみっともねぇ真似だけはしたくなかったから…」
トパーズ「ふふっ、これならあずささんも安心かしらね?」
ルビー「何だよ~!!!!」
トパーズ「…ねぇ、さっきより寒くなってきてません?」
ルビー「そういえば…って言うか何だこの煙!?」
トパーズ「言ってみましょう!?」

<何と、2人はアメジスト達のいる『航海士の部屋』に着いた>
ルビー「!!!?」
トパーズ「アメジスト!!エメラルド!!!」
アクアマリン「!?…何者…!!」
エメラルド@胸部まで凍り付いている「ルビー!!トパーズ!!!アクアマリンが変なんだよう!」
アメジスト@同じく「この部屋で航海日誌を捜していたらアクアマリンが僕達に魔法を…。ルビー!!この氷を炎で溶かせ!!!」
ルビー「あいよ!!」
アクアマリン@ルビーに向かって杖から吹雪を繰り出す「邪魔ハサセヌト言ッテイルダロウガ!!!!」
ルビー@火炎魔法で相殺「ぐッ…!!アクアマリン…もしかして誰かにとり憑かれているんじゃねぇのか!?」
トパーズ@足元が凍りつく「きゃあッ!!」
ルビー「トパーズ!!!」


つーか、絶体絶命か~!?
寒いが…続く。
【2007/08/21 23:44 】 | クレイシのミッション | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロックたそ@C.N:ルビー「なんでしょかね…ガクブル」
久々の任務が不審船の調査、山賊の次は海賊かぁ?とか思ってたらアメジストの奴が縁起でもねぇ事言いやがるし…で、その不審船らしきものを見つけた時にゃあ…。

トパーズ「いかにも…って感じの船ね」
アメジスト「とりあえず乗り移ってみよう。話はそれからだ」
ルビー「マジすか?」
エメラルド「巨大船なら少しはいいかも…うっぷ」
(小船を横につけてその巨大船の甲板に上る)
ルビー「ごめんくださーい!!誰かいませんか~!?」
(返事どころか人の気配すらない)
エメラルド「いない…のかな」
アメジスト「仕方ない、船室を調べてみよう」
ルビー「え、入んの!?」
アメジスト「当然だろう。無人で船が動くと思うか?それに国王陛下に『不審船の正体は無人の船でした』などと報告できん」
トパーズ「そうね、まだこの船が何なのかわかってませんものね」
ルビー「わかったよ…」
アメジスト「とは言ってもこれだけの巨大船だ。全員で固まって調べていたのでは日が暮れる。二手に分かれよう」
トパーズ「では3:2ですわね。どう分かれましょうか?」
アクアマリン「わたし…トパーズと一緒がいい…」
エメラルド「気持ちはわかるけど…そういう私情はおいといてバランス重視でいきましょーね(汗)」
ルビー「で、どうすんの?」
アメジスト「そうだな…エメラルド、お前最近治癒魔法を覚えたそうだな」
エメラルド「少しだけね」
アメジスト「ならば同じく治癒魔法を持つトパーズと分かれてもらう」
エメラルド「あいよ」
アメジスト「して、アクアマリンもトパーズと分かれてもらおう」
アクアマリン「…なぜだ」
アメジスト「…(汗)お前もトパーズも魔法に長けているので一緒に組むと偏ってしまうからだ」
アクアマリン「………やだ」
トパーズ「アクアマリン…(汗)」
エメラルド「早くも交渉決裂です」
アクアマリン「おまえ…トパーズとふたりだけチームになるだろ…そんなこと…させん」
ルビー「あーあー。じゃあこうすれば?俺がトパーズと2人で組んでアメジストがエメラルドとアクアマリンの3人で組む。これなら文句ないだろ?」
アクアマリン「…しかたねーな…それで勘弁してやる…ツンデレ」
ルビー「…『ツンデレ』って台詞で言うトコじゃなくね?(汗)」
アメジスト「…ゴホン!まったく私情を挟むなと言っておいたのだが…まあバランスも悪くない。それで行こう」
エメラルド「それで決定ね。じゃあ皆気をつけてね!」

そんなんでェ、船の調査が始まったとさ。
じゃあまた今度な!!
【2007/08/14 15:04 】 | クレイシのミッション | コメント(0) | トラックバック(0) |
ジェンツー「何もかも久々だなオイ」
またしても1ヶ月近くサボってしまったようだ…(汗)
一体こんな状態で何人の人間が見に来るかは正直わかったものではないが…とりあえず指令状が来たので任務だ。


<フィート王宮謁見の間>
ジェンツー@C.N:アメジスト「お久しぶりです、国王陛下」
ロックたそ@C.N:ルビー「…(このブログ事態久々な気がするぞ)」
フィート王「久しいな。早速だが今回は…フィート港の海域で不審な船の目撃情報が後を絶たない。諸君にそれを調査して頂きたいのだ」
ぴっころ@C.N:エメラルド「不審船??何すかそれ??」
フィート王「正体がわからないから『不審船』と言っている」
アメジスト「…承知しました」
フィート王「船は港に小船(モーターボートみたいなの)を一隻用意してある。船員にも話を通してあるからそれを使うといい」
アデリー@C.N:トパーズ「ありがとうございます(礼)」
ケープ@C.N:アクアマリン「…ありがとうございます…ぺこり」

<で、早速フィート港>
船員「国王陛下の特殊部隊の方々ですね、お待ちしていました」
アメジスト「ああ、この船を使えば良いのだな」
船員「はい。不審船は南東の海域でよく見られるそうです、お気をつけて」

<で、小船の中>
ルビー「しっかし…山賊の次は海賊かぁ?」
トパーズ「海賊とは限らないのではなくて?」
ルビー「それってどういう…」
アメジスト@船を操縦しながら「例えば…幽霊船とかな」
ルビー@青ざめる「…まじすか?」
アメジスト「さあ、見ていないからまだ何とも言えんな」
ルビー「…なぁ、アンタ何でそんなに冷静なワケ?この前幽霊怖いって…」
アクアマリン「そんな事…ない…足震えてる…」
アメジスト「う…!!こ、これは風が強くて少し寒いからだ!!決して幽霊が怖いわけでは…!!!」
ルビー「ぷぷー!!!」
アメジスト「貴様人の事笑えた立場か!!最初にビビってたのはどこのどいつだ!?」
ルビー「あン!?」
トパーズ「もう!!いい加減になさい!!!男でしょう!?」
ルビー「だってさぁ…。そういやエメラルドがやけに静かだけど…」
エメラルド@ぐったりしてる「…うっぷ」
ルビー「もしかして…船酔い?」
エメラルド「そうかもしれん…いやきっとそうだ…気持ち悪い…ウボァ」
トパーズ「はぁ…頼りない男達…」
アクアマリン「頼りない…男達…」
エメラルド「あたしは女だ~!!!!…うげぇ」
アメジスト「……!!?」
トパーズ「…?どうかしまし………え!?」
(前方に暗くて大きいボロボロの船が…!!)
ルビー@ごくり「…あれ…かな…」
アメジスト「おそらく…な」

さて、この船は一体…??
続く。
【2007/07/31 12:10 】 | クレイシのミッション | コメント(0) | トラックバック(0) |
恐ろしく久々に…
まる一ヶ月もサボってた…(汗)
そろそろ「クレイシミッション」の第3段を考えてますwww
現在はその話を考案中ってコトで~ノシ
【2007/07/09 21:13 】 | 管理人の独り言 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。